株式会社セピオジャパン
電話番号:072-683-6850
営業時間:平日8:30~夕方5:00

  1. HOME>
  2. セピオライト>
  3. セピオライトってどんなもの

セピオライトってどんなもの

「セピオライト」は日本ではあまり馴染みのない言葉ですが、有史以前より人間の生活に深く関わっています。ミイラを覆っている布や、汚れ落としの石けんのように使われていたり、現在では、煙草パイプ・煙草フィ ルター・石油や汚水のろ過材、トイレの消臭剤、最近ではシックハウス対策として壁紙やホルムアルデヒドの吸着剤と案外生活に密着した用途で使われていたりします。

セピオライトが採掘されている大規模鉱床(スペイン)

スペインにあるセピオライトの大規模な鉱床

セピオライトは原産地によって、外観が著しく異なっているために、その地方ではいろいろな名前で呼ばれていましたが、研究が進むにつれてそれらが皆セピオライトであることが解って来ました。湖の底に、または岩の割れ目に溜まった粘土が石になったもので、一般粘土とは異なった結晶構造で、特異な性質を持つことから、様々な分野で広く利用されています。主な産地にスペイン、トルコ、アメリカ、中国などがありますが、日本国内でも採掘された報告はあるものの、鉱床規模に難点があり、安価で大量に使う工業的な利用は難しいようです。

層状に堆積するセピオライト

セピオライトの堆積層

水平に堆積する大規模鉱床としては、スペイン、トルコ、 アメリカに存在し、工業利用されています。欧州の鉱床では、アルプス造山運動(6500万年前)に伴って形成された内湾での堆積物と考えられています。

セピオライトの化学分析値(代表値)

セピオライトの主成分 : 含水マグネシウム珪酸塩を主成分とする粘土鉱物

化学組織 :MgSi1230(OH(OH) 6~8H

セピオライトの原石

SiO : 珪酸 52.5%
MgO:酸化マグネシウム22.8%
Al :酸化アルミニウム 1.7%
Fe : 酸化鉄 0.8%
CaO : 酸化カルシウム 0.8%
O : 酸化カリウム 0.4%
NaO : 酸化ナトリウム 0.3%
O- ( 110℃) : 11.0%
O + ( 110℃) : 10.5%

セピオライトの採掘現場について

鉱床坑口

セピオライトの採掘は、地上からではなく、トンネルを掘りながら採掘します。向かって右側の坑口から飛び出しているのは、ベルトコンベアです。

掘削機械

セピオライトは軟らかい(モース硬度:2)ので、削りだすようにして採掘します。採掘重機の先がくるくる回転します。

トンネル切羽

トンネル先端部の状況。

セピオライトの積込と運搬

積込、運搬とも大型重機です。ここからプラントへ搬送します。

袋詰めライン作業

採掘されたセピオライトは、プラントで加熱破砕されます。粒度をふるい分け調整して出荷されます。

パレット荷姿

輸入はコンテナ単位で行います。スペインより地中海を抜け、エジプト~シガポール経由で、日本の陸上げまでにおよそ50日が必要です。

セピオライト関連ページ

セピオライトってどんなもの セピオライトの特徴
セピオライトの規格品 セピオライトの加工品
セピオライトを日常で使う セピオライトの脱臭試験
パイプの部屋 パリゴルスカイトの販売